インフルエンザA型に家族全員感染して死ぬかと思った件

0

    JUGEMテーマ:新型インフルエンザ

     

    帰省途中でインフルに感染

     

    約1ヵ月ぶりのブログ更新です。

    理由はインフルエンザA型に感染して療養、その後もなかなか熱が下がらずに色んな事もやる気が下がっていたせいで、やっと普段の生活に戻れてきたのでブログ再開です!

     

    今回感染したのは1月20日前後。

    大阪から静岡に帰省で移動中にどこかで感染したようです。

    後で知ったのですが、この頃ちょうど愛知県でインフルが猛威をふるっており、もしかしたら愛知県あたりでもらったのかもしれません。

     

    Day 1 38度の熱が出る

     

    熱が出始めたのは1月21日。

    この日は愛知から静岡までの移動中で、とにかく咳が朝からひどく咳に効く風邪薬を飲んでしのいでいました。

    夜9時頃にはだるさも出てきて体感的に熱があるんだろうなと思いつつ、実家まではもうすぐだったので無理しない程度に車で向かいました。

     

    実家に到着して熱を測ると38度5分の熱。

    この時点でインフルの疑いが出てきました。

     

    Day 2 病院でインフルの診断

     

    翌日になっても熱は下がらず病院で検査するとインフルエンザA型の結果が出ました。

    ちょうど妻も体調不良だったので検査するまでもなく同じくインフルAの診断が出ました。

     

    この時はインフルエンザの薬としてゾフルーザが処方され、その他の薬として咳やタンに関するものや漢方、解熱用の頓服薬など2日分が処方されました。

     

    この日は薬を飲んでも熱は下がらず頭痛に襲われることになります。

    しんどさのあまり食事は全くできませんでした。

     

    Day 3 頭痛で睡眠が取れず

     

    インフルの発症から3日、この日も熱は下がりません。

    それよりもひどい頭痛に襲われました。

    通常の頭痛だと片方のこめかみが痛いとかなのですが、この時の頭痛は頭全体が重くてズキズキするという悪質なもので耐えがたい頭痛でした。

     

    しかもカロナール錠という頭痛などに効く解熱剤が処方されていたのですが、これが全く効かないという非常事態。

    薬の副作用で覚醒しているのもあって、この日は全く眠れず頭痛と闘いながら何もできないまま24時間過ごすという過酷な時間を過ごしました。

     

    ちなみにこの日もまともに食事をとれずに2日間ゼリー飲料を飲む程度で過ごします。

     

    Day 4 熱が9度5分に上昇

     

    あまりにも頭痛が治まらず薬も効かないので夜間診療の病院に電話で相談。

    頭痛薬を2錠飲む提案を受けて試してみるとやっと収まりました。

     

    後からわかった話ですが、薬の容量が200mgという量でこれは体重から割り出した処方量。

    体重は正直に申告していたものの薬の量としては少し足りなかったようです。

     

    お昼間に処方された薬が全部無くなりましたが相変わらず熱は8度5分のまま。

    薬無しでは不安が残るので再度病院へ。

     

    診察までかなりの待ち人数がありその間に体調が今までよりも悪くなってきて、歩くのもやっとの状態になってきました。

    先生も本来は薬を飲んでこれくらいになると熱が下がるはずだと言い、不思議がっていました。

    とりあえず4日分の薬の処方、解熱剤も容量を300mgに変更して問題なければこれで終わりという感じで診察終了。

     

    家に帰って熱を測ると9度5分の熱。

    頭痛はなくなったものの薬の副作用で眠れない1日を再び過ごす事となります。

     

    Day 5 少し睡眠が取れるようになるものの

     

    熱は9度台から8度後半へと少し下がり、食事も1日1回程度おかゆを食べられるようになりました。

    このころはまだテレビも見ることができなくて、音楽も耳障りになるのでひとりで次の薬の時間をカウントする程度の何もしない1日を過ごします。

     

    あとやっと睡眠が少しとれるようになりましたが、長く寝たと思っても目覚めると実際には1〜2時間程度の睡眠で、起きてしまうと覚醒してしまうという困難な状況に追い込まれます。

    しかも必ず夢を見るんですが、それが意識のある状態の夢で明晰夢というんでしょうか、いろんなことちゃんと考えられる夢なんです。

    寝ているのか起きているのかわけがわからない感じで、結局寝たフリみたいな感じでした。

     

    Day 6 目を閉じると幻覚が見える

     

    もう1週間近く経とうとしていますが、8度からは全然熱が下がりません。

    薬は処方されたとおりキチッと飲んでいて飲み逃しもありません。

     

    気持ち的には少し慣れてきたというか落ち着いてお昼間に少しテレビを見ることができるようになったのもこの頃です。

    ただ新たな問題が出てきはじめます。

    眠ろうと目を閉じると幻覚が見えるんです。

     

    薬の副作用とか色々と原因があると思うんですが、目を閉じると色んな映像が次々現れて目障りで眠るどころじゃ無い感じになります。

    しかもその時に必ずどこかに白い老婆が現れて顎が外れる位まで口を開けて口から大量の液体が噴き出すというシーンを何度も見ることとなります。

    自分の中ではこれは死に神で、熱も下がらないし本当に死ぬんじゃないかと思っていたのがこの頃です。

     

    Day 7 嘔吐が激しくなる

     

    幻覚は翌日も収まらないままです。

    白い老婆の死に神も相変わらず登場してきます。

     

    1週間になりますがトイレ以外は寝たきりのまま。

    薬も夕方で切れるので再び病院に行きました。

    熱はこの時で8度前半。

    先生もあまりの長引きさに驚いておられましたが、昔から何度か1ヵ月熱が下がらない経験をしてきたので実は私としてはもう完全に割り切っていました。

     

    3回目の薬の処方。

    診断すると胸もゼイゼイ鳴っているので何かしらの炎症も起こしているかもということ。

    それのせいで熱も下がっていないのかも。

    新たに4日分の薬を処方され、それ以降は大きな事が無い限りこれで薬も終了ということになりました。

     

    この頃から嘔吐感が激しくなって、少し歩くと嘔吐しそうになります。

    元々嘔吐グセが無いので直前で止めることができるのですが、トイレに歩いて行くときなどは少しの距離にも関わらずウェってなるのでかなりしんどかったです。

     

    Day 8 少し起きられるようになる

     

    病気慣れという感じになってきたのがこの頃。

    少し起きられるようになって、テレビも普通に見られるようになりました。

     

    食欲も出てきたのか、おかゆだけしか食べていないので食べ物のCMがどれを見ても美味しそうに見えてずっと食べたいなぁってつぶやいていました。

     

    頭痛は相変わらず慢性的にあって、この頃も鎮痛剤は手放せない状態です。

     

    食事に関して夜に思い切ってうどんを妻に頼んで作ってもらいました。

    結果食べれたのは麺2本でギブアップ。

    しかもそのあとずっとうどんが1本喉に刺さっている感じがあってかなり気持ちの悪い夜を過ごしました。

     

    あと、真夜中に残したうどんを2人の人が食べに来るという幻覚(だと思う)を見て気持ち悪くなると言うのも経験。

    まだまだ普通の食べ物は無理なようです。

    ちなみにこの経験があっていまだにうどんが食べられないままです。

     

    そして今に至る

     

    発症してから27日ほど経過しましたが、今も体調は元に戻っていないまま。

    数日前に熱を測るとやっと7度を切ったものの6度8分とか平熱にしては高い状態で、もう最近は面倒なので熱も測らず無理をせずに過ごしています。

     

    同時に発症した家族は全員もう早くから元気になっていて、なんで私だけ治りが悪いんだろうとひがんでいます。

     

    体調が悪いと思ったら必ず病院へ

     

    インフルエンザの話題は1ヵ月前と比べると下火になりましたが、まだまだかかる可能性はあると思います。

    熱や頭痛があったら変に市販薬を飲むよりも必ず病院を受診する方がオススメです。

    特にインフルエンザの場合バファリンなどに代表される解熱鎮痛剤を飲むと脳症を起こす可能性が高まったり、実際に死亡例も出ているみたいなので注意が必要です。

    私も実際、病院に行く前にあまりの頭痛にバファリンを2回ほど飲んでいたので、あとからコレのニュースが回ってきて死ぬかもしれんとビビリましたよ。

    とりあえず他人事と思わずにちゃんと治していきましょう。


    元祖ゲームクリエイター飯野賢治さんが亡くなられました

    0
       

      とても残念です。
      ゲームクリエイターの飯野賢治さんが2月20日、高血圧心不全で42歳という若さでお亡くなりになられました。

      30代以下の方はご存じないかもしれませんが、恐らくゲームクリエイターというジャンルを確立したのはこの人が最初じゃないでしょうか。

      かつて次世代ゲームの戦争が起こった1994年。
      3DOというゲーム機がありました。


      プレステやセガサターンなどには勝てず、価格も54800円という高価格設定が仇となり数年で消えてしまった伝説のハードですが、株式会社WARPという会社が、かなり力を入れてユニークなソフトを作っていました。

      その会社の社長が飯野賢治さん。


      ◇伝説のDの食卓

      伝説のソフト「Dの食卓」は飯野さんの作品で、このハードで発売され、当時のキラータイトルになったのではと思います。

      また、見えない敵と戦う「エネミーゼロ」や、画面が全く映らない音声のみのゲーム「風のリグレット」など革新的発想のゲーム作りもされていました。

      ここ数年というか十数年はあまり目立った活動は無かったようですが、久々にネットに名前が露出したと思えば今回の訃報です。

      ゲーム業界では、やんちゃんな人だったので、あまり良いように言われない部分もありますが、現在のゲームの方向性、例えばCGが多用されているとか、随所にムービーが入るとか、映画のようにゲームを進めて行くとかの部分で影響力はかなり大きいと思っています。

      また、いつかやんちゃな事をしてくれるのではと期待していただけに、今回の訃報は本当に残念に思います。


      意外な分野で外国人とコミュニケーション

      0
        JUGEMテーマ:インドカレー 

        今年に入ってから南インド料理店でお手伝いをすることになりました。

        今日で2日目なんですが、

        コックさんが本場インドの外国人で、

        ほとんど日本語を話せないのでコミュニケーションが大変な時がしばしば。

        ちなみに自身は海外に行ったこともなく、

        純日本人という感じです。


        本日も朝からお互いカタコトの言語でコミュニケーションをしていたワケなんですが、

        お店のお昼休憩の時にインド人の彼にDVDの書き込みを頼まれました。


        「DVD Writing」「DVD Read Only」、、、、

        PCについてはそこそこ詳しかったので、

        彼の言うことが魔法のように分かります。

        さっきまでの事が嘘のようです。

        おかげでお互いに少しずつ距離が縮まっていきました。


        英語も難しいからとハナから拒絶せずに、

        好きな分野から学んでいくと、

        今回のようにやっていけるんだなと実感。

        外国人の方と身近に接しているので、

        せっかくなので英語力向上を目指します

        カウントダウンに思うこと

        0
          JUGEMテーマ:ひとりごと

          0時00分が過ぎて、

          2011年も最後の1日となりました。

          自身では12月31日と言えば、

          楽しみにしているのは紅白歌合戦でも年越しそばでもありません。


          ここ10年くらいカウントダウン・イベントに参加して、

          新年を迎えて来ました。


          今年も 旅行がてらに遠方のテーマパークに出掛けて、

          打ち上げ花火を眺めつつ、

          盛大に年を越すんだろうと思っていたのですが、

          今年に限っては状況が変わりました。


          知り合いに頼まれて、


          カウントダウン・パーティーを主催することとなりました。

          お客から仕掛け人に変わってしまったわけです。


          お話が来たのが1週間ほど前なので、

          正直集客も難しく、

          準備も時間不足です。


          それでも1人でもお客様が来て下さる以上、

          手を抜くのは嫌だし、

          できうる限り盛大に行いたいと思っています。


          少なくとも単純に10秒前からみんなで数えて、

          拍手して乾杯などは避けたい感じです。


          という事で、

          昨日から1年の振り返りをするための映像作りを始めて、

          なんとかさきほど完成しました。


          先駆けてカウントダウン部分のテスト再生を行うと、

          音楽とカウンターがリンクしてなかなか良い感じの緊張感で、

          明日の本番が楽しみです☆


          自身でこうやって映像を作ってみて思うのが、

          カウントダウンを盛り上げる為に色んな人が準備してくれていたんだなぁと言うこと。


          カウントダウンの価値って正直最後の10秒間だけかと思います。


          その10秒間のカウントを盛り上げるべく、

          映像を作ったり、音楽を作ったり、演出したりと、

          多くの人のアイデアと技術と努力があったんだなと思う。


          自身も最後の10秒の為に何時間も時間をかけて映像作りをしました。


          あと23時間後、

          自身の映像と演出でカウントダウンをしてくれる参加者の方々の顔を楽しみに、

          2011年を締めくくりたいと思います☆



          「オズの魔法使い」の精神で

          0
            JUGEMテーマ:オススメの本

            「オズの魔法使い」

            読んだ事の無い方でもタイトルぐらいは知っているかと思います。

            100年以上前にライマン・フランク・ボームが書いたファンタジー作品です。


            このお話どんな内容かご存じですか?


            かかしと、ロボットと、ライオンが出てきて、、、、

            という方がとっても多くてそのお話を語れる方はあまりいません。


            数年前、

            とある仕事でこの作品に関わる事がありました。

            勉強のために本を読んだのですが、

            何度か読み、

            作者が言わんとした事が理解出来た瞬間、

            このお話が持つ素晴らしさに感動をおぼえました。


            あらすじはこう。


            カンザスに住むドロシーは、

            ある日大きな竜巻に飛ばされ愛犬のトトと共に家ごと吹き飛ばされ、

            マンチキンタウンに墜落します。


            おうちに帰りたいドロシーはマンチキンタウンの住人に教わり、

            オズの大魔法使いがいるというエメラルドシティを目指すこととなります。


            途中、かかし、ブリキの木こり、ライオンと出会い、

            それぞれも手に入れたい物があり一緒に旅をすることとなります。


            かかしは脳みそ、

            ブリキの木こりは優しい心

            ライオンは勇敢さを手に入れる事が目的です。


            冒険の旅は一筋縄ではいかず、

            西の悪い魔女に邪魔をされながら、

            なんとかエメラルドシティにたどり着き、

            オズの大魔法使いに出会う事ができたのですが、、、、。


            オズの大魔法使いというのは全くのウソでただの腹話術師でした。


            そしてここからがオズの魔法使いの言わんとしている本質の部分になります。


            結局、

            かかしもブリキの木こりもライオンも望みのものを大魔法使いからもらう事はできませんでした。


            しかし、

            かかしは旅の途中で一番のアイデアマンでした。

            ブリキの木こりは旅の最中一番の仲間思いでした。

            ライオンは悪者から一番仲間を守りました。


            なんと、

            かかしとブリキのきこりとライオンは

            経験という自分の力で

            脳みそ、優しい心、勇敢さを手に入れてしまったのです。


            作者が言いたいのは、

            魔法は誰にでも存在する。

            信じる心を忘れなければ必ず魔法は現実になるということ。

            そう解釈できた瞬間、

            この物語の奥深さと素晴らしさに気付きました。


            今の現代人が忘れてしまった大切なものがこのお話に詰まっています。


            自分に子どもが出来たら必ず読み聞かせたい1冊です。


            大人になった皆さんもご自身の魔法を叶えるために、

            ぜひ一度読んでみてください。



            回らない回転寿司

            0
              本日は、彼女のお母さんと共に回転寿司へ言ってきました。

              ちなみに僕は魚介類が全くのNG。

              回転寿司なら魚介以外にもメニューがあるし、

              好きなものを好きなタイミングで食べられるという選択肢のもと選んだわけなのですが、、、

              実際に行ってみると、

              コンベアの上にはネタのPOPが回転しているだけで、

              一々オーダーしないといけない状態でした。

              もう完全な赤信号でストレス感じまくり、

              何がって、

              いい年の大人がメインである魚介を一切オーダーせず、

              ハンバーグ握りだの、

              玉子だの、

              お子様メニューばかり注文しているわけですから。

              ましてや、

              1品ずつオーダーするわけにはいかないので数皿ずつオーダー。

              結局は適量とはいかず、

              最終的に頼みすぎた分を無理から食べるという結果に。

              回転寿司って、

              時間がない人が短時間で食べられるのも魅力のはず。

              オーダー制なら意味無いじゃん。

              こういうのってお店の都合もわかるけど、

              例えば入口に、

              「只今完全オーダー制となります」

              って一言書いておいてくれれば別のお店を利用したのにって思う。

              回る寿司。

              看板に偽り有りって感じです。

              ↑回転寿司なのにお皿を広げて食べてます


              身体がヤバイ

              0
                 JUGEMテーマ:日常

                ここ半年(もしくは半年以上前からかも)身体が不調でした。

                便意(おっきいほう)をもよおすと吐き気が。

                吐き気と言ってもうぇっていう感じじゃなくて、

                もう出ますよという過度なレベル。

                昨日、遂に病院へいってきました。


                触診、尿検査、血液検査、エコー、CTスキャン、レントゲンと、

                フランス料理で言えば贅沢なフルコースで精密検査。


                で、分かったことが、

                ・すい臓が肥大
                ・ひ臓が変形
                ・小腸にガスが溜まってる(普通は溜まってたらダメ)
                ・肺に炎症の痕跡
                ついでに
                ・心臓が細長い
                ・肺が人より上に位置している

                以上、不調の総合商社状態でした。


                とりあえず明日、

                検便と再血液検査に行ってきます


                健康診断を何年もやっていない皆さん、

                潜在的な病にご注意を!

                | 1/1PAGES |

                calendar

                S M T W T F S
                     12
                3456789
                10111213141516
                17181920212223
                2425262728  
                << February 2019 >>

                selected entries

                categories

                     

                Google ADsense

                archives

                recent comment

                links

                profile

                search this site.

                        

                others

                mobile

                qrcode

                powered

                無料ブログ作成サービス JUGEM

                Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...