ダイソンV6を買ったので、例のあの実験をやってみた結果

0

    JUGEMテーマ:掃除機

     

    ダイソンが来た!

     

    先日「ジャパネットたかた」でチャレンジーデーというものがありまして、

    衝動買いしました。

     

    ダイソンV6(DC62)!

     

     

    ずっと欲しかったスティック型の掃除機、

    しかも評判の良いダイソンです!

     

    ダイソンがTVショッピングで販売されると必ず行われる実験があります。

     

    それが、

    他社の掃除機で掃除後もダイソンなら取りこぼしたゴミが取れるというやつです。

     

    せっかくダイソンを買ったし、

    吸引力を試したかったので早速テストしてみました。

     

     

    まずは他社の掃除機で清掃

     

    今回実験するのは畳1枚分。

     

     

    広い面積だとどんな高性能な掃除機でも取りこぼしの可能性があるので、

    あえて畳1枚分をしっかりと掃除機をかけての実験です。

     

    先に掃除機をかけるのはHITACHIのCV-SC100

     

     

    こちらはコード式でダイソンと同じくサイクロン式のクリーナー。

     

    家の清掃をするにも十分な吸引力でとっても気に入っている掃除機です。

     

    まずはこれで何回も往復してしっかり清掃。

     

     

    TVではどれくらいの清掃をしているかが不明ですが、

    しっかりと検証するためにはやりすぎくらいでもいいと思います。

     

     

    遂にダイソンで実験!

     

    HITACHIのクリーナーで納得できるまで掃除ができたので、

    遂にダイソンの出番です!

     

    V6のダストカップは1回だけ掃除したものをできるだけキレイに清掃。

     

     

    目立つゴミや粉状のホコリもある程度除去しました。

     

    念のため空回しして、

    ダストカップ内の残留物がゴミとしてまとまらないかも試しています。

     

    それではV6で掃除機がけです。

     

     

    やっぱりダイソンは違いますね!

    畳に吸い付く感じが凄いです。

     

    コードレスでこのパワーは他に無いんじゃないでしょうか?

     

    今回は大きなゴミも見えていないので、

    先ほどの半分の時間くらい掃除機がけしました。

     

    さて、

    結果はどうなったでしょう?

     

    気になる結果は?

     

    じゃーん!

     

     

    取れました!

    写真ではわかりにくいですが、

    他に粉状のホコリが取れています。

     

    これってダニの死骸とかフンでしょうか?

     

     

    実験の結果から思うこと

     

    今回の実験で感じたのが、

    他の掃除機は比較的表面的なゴミが取れているのに対して、

    V6は畳の中のゴミを吸い上げている感じでした。

     

    さすがダイソン!

    高いなりにもやっぱり価値ある逸品だと思いました。

     

    これで今後の掃除も楽しくなりそうです!

     


    小さくて2000円以下でもパワフル!Bluetooth搭載の防水スピーカーが多目的で使える!

    0
      JUGEMテーマ:Bluetooth機器


      大阪から田舎に引っ越しして、
      お風呂が足が伸ばせる程度に広くなったこともあって、
      お風呂で音楽を聴きながらゆっくり入れたらなぁと思うことが増えました。

      そこで購入したのが、
      Bluetooth接続できる充電式の防水スピーカー。

      価格も2000円でおつりが来る定価だったので、
      どうせお風呂で使うだけなのでスカスカの音質でもいいや位でAmazonでポチしました。

      ということで使ってみたところ、
      音質は低域はけっこうズンズン出るし、
      ボーカルも埋もれずに再生されるという1000円台とは思えないシロモノでした!

      それでいてBluetooth接続もできて尚且つ防水、
      そしてマイクロUSBで充電できるという至れり尽くせりな使えるヤツです。

      ただ、
      音質や付帯設備がよくても実際に使えなくては無意味。

      なので色々と試してみました。
       

      ◇Bluetoothの電波性能は問題なし。リビングからお風呂まで届く


      まずはお風呂の分厚いガラス扉でも電波が届くかという部分。

      うちの脱衣場はお風呂の湯気が入り込むために、
      湿気が凄くてスマホを放置することができません。

      なので結果的にお風呂のガラス扉、
      脱衣場の木の扉を経由して3mほどの距離になるわけですが、
      ごく希にプツッと音は途切れますが、
      支障の無い程度に再生ができています。

      このあたりは合格点。

      お風呂で使うということは当然ジャバジャバ水がかかります。
      なんなら浴槽に落下も想定されるわけですが、
      試しに水に浸したことがありますが、
      さすがに水中では音楽が再生できなかったものの、
      水中から出してサッと水気を振り落とすと問題無く再生されました!

       

      ◇浴室での使用を意識している


      しかもこのスピーカー、
      お風呂での使用をかなり意識しているようで、
      本体と同じ大きさの吸盤が付属し、
      万が一の落下でも破損を防ぐショックマウントも搭載。
      他にも吊り下げるためのカラビナも付属してきます。

      充電の持ちはカタログ値で約5〜6時間とされています。
      お風呂で使うには十分な時間です。

      実際充電は2週間に1回するかどうかのレベルで、
      もしかしたら6時間以上持っているのかもしれません。

      こういう安いスピーカーをセールなどで買った時に失敗するのが、
      アンプが内蔵されて無くて、
      再生機側のパワーのみで再生していたり、
      大きい音は出るものの歪んでしまって使い物にならない場合があります。

      音量に関してはフルボリュームにしたらうるさいくらいで、
      その際も音が歪むこともなく再生されました。

       

      ◇通常使う操作はすべて可能。ハンズフリー通話も


      お風呂の中という環境なので最低限の操作は必要になってきますが、
      このスピーカーで操作できるのは、
      再生・停止、
      1曲ごとの戻し・飛ばし、
      音量の上げ下げ、
      あとはマイクが内蔵されていてハンズフリーでの通話も可能。


      以上のような感じで、
      多機能では無いけれど普通に使う分には全く困らないレベルの代物がこの価格で手に入ります。

      防水ということでお風呂での使用が想定されますが、
      アウトドアでも使い道は十分にあるし、
      自転車に取り付けて使っている人もいれば、
      古いカーオーディオの代わりに使ったり、
      スマホナビの音声を飛ばして使っている人などもいるようです。

      ちなみに購入したこのモデルはけっこう売れたみたいで、
      現在は形状や性能が全く同じで、
      一部デザインが変更されたモデル が更に安く販売されています。

      こういったスピーカーはひとつ持っておくと重宝するので、
      ぜひオススメしたい逸品です!

       

      ホームベーカリーで食パンを焼くと買うよりもお得なのか?調べてみた。

      0
        JUGEMテーマ:手作りパン


        先日、
        友人が引っ越しをするということで、
        ほとんど使っていないホームベーカリー、
        「パナソニック SD-BH105-P」 を頂きました。

        ということで、
        毎朝の朝食が手作りパンになって菓子パンを買うお金が節約できたわけですが、
        ふと疑問に思ったのが、
        食パンを買うよりも安く作れているのか?ということ。

        ということで早速調べてみました。
         

        ◇まずは必要な材料を調査



        今回の機種で基本的な食パンをつくる場合の1斤作る場合の材料は以下の通り。

        強力粉250g
        バター10g
        砂糖17g
        スキムミルク6g
        塩5g
        ドライイースト2.8g
        水180ml


        以上の材料をもとにいつも行っているディスカウント・スーパーで値段を調べてみました。
         

        ◇材料の1回分の単価を算出する


        強力粉の価格は1Kg入りで198円。
        なので1回分は49.5円になります。

        バターは便利なので「meiji 明治チューブでバター1/3」 を利用しています。
        これは160g入って239円。
        なので約14円となります。

        砂糖は同じみの「ばら印の白砂糖」 。
        これは1Kg入りで169円で1回分約2.9円。

        続いてスキムミルク。
        うちでは「森永スキムミルク 」 と言う185g入りで364円のを使っています。
        こちらは約11.8円。

        お塩に関してはいちばん安い1Kgで99円のもので、
        1円もしない約0.5円。

        ドライイーストは小分けになっているものもありますが、
        冷蔵庫で保存が可能なので、
        50g入りの「日清 スーパーカメリヤドライイースト」 が234円。
        1回分は約13円。

        水に関しては今回は計算に入れないものとします。
         

        ◇材料を合計してみる


        合計すると材料費が約91.7円となりました。
        純粋に材料費だけ考えるとこれだけになりますが、
        実際にも電気代がかかっているのでもう少し細かく計算してみます。

        今回のホームベーカリーは最高80Wで稼働して、
        パンの調理時間は4時間です。
        但し寝かす時間も入っているので80Wを使い続けているわけではありませんが、
        今回は80Wで4時間稼働させたことを想定して計算してみます。

        80W×4時間なので320Wh
        フル稼働させたとして0.32kWhということになります。
        これを電力会社の単価で計算してみます。

        ウチの場合は従量電灯Aという一定量以上は単価が上がる契約になっています。
        その中で一番高い単価で計算すると、
        1kWh(26.90円)×0.32kWh=8.608円

        以上を足してみると約100.308円という数字になりました!

        実際にはもう少し電気代が安いはずなので、
        100円を切る費用になっているかとは思います。
         

        ◇安売りの食パンに比べると割高かも


        材料を購入したスーパーでは食パンが安くて、
        5枚切りで税込み76円で売っているので、
        これに比べると30円ほど高くなります。

        この30円をどう見るかはそれぞれですが、
        手作りで作りたてのパンが食べられるメリットや、
        材料を選べば市販の物よりも無添加で安全なパンを作ることもできます。

        そう考えればホームベーカリーもアリだとは思いませんか?

         

        | 1/1PAGES |

        calendar

        S M T W T F S
           1234
        567891011
        12131415161718
        19202122232425
        262728293031 
        << August 2018 >>

        selected entries

        categories

             

        Google ADsense

        archives

        recent comment

        links

        profile

        search this site.

                

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM

        Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...