【ソニー損保】やさしい運転キャッシュバック型を2年使ってみた結果

0

     

    先日ソニー損保の契約更新が3年目に突入しました。

     

    さて、このソニー損保の自動車保険ですが、

    他の保険会社にない「やさしい運転キャッシュバック型」というオプションプランがあります。

     

    これは通常の保険料より5000円程度高くなるのですが、

    車に送られてきたドライブカウンタを取り付け、

    180日間の間に危険運転があったかを判定して採点、

    その結果に応じてキャッシュバックが受けられるというものです。

     

     

    キャッシュバックの額は保険料に対してのパーセンテージになっていて、

    次のようになっています。

     

    90点以上 20%
    80〜89点 15%
    70〜79点 10%
    60〜69点 5%
    59点以下 なし

     

    オプションの契約料を考えると、

    最低でも10%のキャッシュバックを獲得しないと損をすることになります。

     

    さて、

    このプランを今まで2年間つまり2回ほど利用して、

    今回の契約更新でも利用開始していますが、

    使い心地は?

    本当にキャッシュバックされるのか?

    という不安があるかと思いますので、

    2年間使い続けてみた結果をお伝えしようと思います。

     

    このプランで契約するとだいたい1週間くらいでカウンターが届きます。

     

     

    専用ホルダーが付属していてそれを車に貼り付け、

    そこにカウンターをはめ込むようになります。

     

     

    車の中って意外に水平な場所が少なく、

    実際に取り付ける段階になるけっこう迷います。

     

    私の場合は運転席側のダッシュボードの奥に水平に取り付けています。

     

     

    設置に関しては縦置き以外であれば、

    水平・垂直共に設置可能ですが、

    以前オーディオの下に見やすいように垂直に貼り付けたところ、

    速攻はがれ落ちて減点になった経験があるのでこの場所に落ち着きました。

     

    また付属の両面テープは少し弱い感じで、

    真夏に灼熱地獄の車内では信用できない(というか落下した経験あるので)ので、

    amazonで「3M スコッチ 超強力両面テープ 耐熱用」というのを購入して取り付けています。

     

    マジックテープも付属しているので、

    点数を普段確認しなくても大丈夫という方はシートの下などに取り付けるのもアリだと思います。

     

    気になる採点方法ですが、

    100点からスタートする減点方式となっています。

     

    どんな時に減点されるかというと、

    急発進・急ブレーキ・急な加速が対象になっているようです。

     

    スムーズな発進・停止をすると、

    スムーズ運転回数としてカウントされます。

    100回ごとに確認音がピッと鳴るので気持ちいいです。

     

    その反面急な動作をしてしまうとピピピッと警告音が鳴り、

    今で蓄積していたスムーズ運転回数が0にリセットされます。

     

    その時に同時に平均値が算出されるのですが、

    どうもこの平均値のデータを元に点数を付けているようです。

    なので70点台になってしまったとしても、

    頑張ってスムーズ運転を続けることで80点台に戻すと言うことも可能です。

     

    気になるセンサーの反応ですが、

    正直けっこう敏感です。

     

    使っていると何度も

    「え?こんなので減点されるの!?」

    ということがけっこうあります。

     

    一番腑に落ちなかった減点は、

    結構な勾配の駐車場を坂道発進したとき。

    そもそもが斜めに傾いているので、

    計器としては過剰反応したのだと思いますが、

    このあたりは改善の余地有りだと思います。

     

    あと使っていくと感じるのが、

    自分の運転ミスよりも他人の影響で減点になることが多いです。

     

    ・急な割り込み

    ・前の車の急ブレーキ

    ・自転車の飛び出し

     

    こういうのが原因で急ブレーキをかけても当然減点となりますが、

    正直メチャクチャむかつきます。

     

    普通に割り込みされたとき以上にフラストレーション値は高くなるので、

    車に乗ったときに気が短くなる方は正直オススメできません。

     

    車の運転がお金に関わってくるので、

    当然通常の運転とは少し変わってきます。

    それが原因したメリット・デメリットもあります。

     

    【メリット】

    車間距離をあけて運転するようになる

    安全運転を心がけるようになる

    信号を意識するようになる

    急発進・急ブレーキがなくなる

    スムーズ回数が増えると気分がいい

    ほとんど車に乗らない人は減点されにくい

     

    【デメリット】

    急ブレーキにしないためブレーキを浅く踏むクセがつく

    車間距離をあけるので割り込みが増える

    ゆるやか発進のため後続車に煽られることがある

    減点が多くなると逆に開き直った運転になる

    信号で急ブレーキを踏みたくないため突破してしまう

    他の車に減点させられるとイラッとする

    車の稼働率が高い人は減点の可能性も高くなる

     

    このあたりを考えての契約をされた方がいいかと思います。

     

    今回私が申告したときの点数は、

    車の運転時間が612時間、

    平均値は498回、

    成績は82点でした。

     

    それにしても運転時間612時間、、、

    1年のうち25日間、

    約1ヵ月は車の中にいるということですね(^_^;

     

    今回のキャッシュバックは8000円ちょっとで、

    3000円近く通常契約よりも特をした計算になります。

     

    申告はネット経由で表示されたコード番号を送信、

    振り込みにてキャッシュバックされます。

    すぐに振り込んでくれるのも嬉しいです。

     

    このままの点数を維持したまま10年ほど契約すると、

    うち1年間はタダで契約したのと同じくらいの累積になりますね。

     

    日頃安全運転を心がけている方にはオススメします。

     

     


    | 1/1PAGES |

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>

    selected entries

    categories

         

    Google ADsense

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

            

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM

    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...