YouTubeが仕様変更 −使い勝手は良くなるか?

0

    JUGEMテーマ:YouTube

     

    YouTubeの収益化に条件が設定

     

    昨日YouTubeがパートナープログラムについて、

    仕様変更を発表しました。

     

     

    広告表示に一定条件が

     

    ざっくり説明すると視聴回数が1万回未満のチャンネルには

    広告が表示されなくなります。

     

     

     

    影響を受けるのはYouTubeクリエイター

     

    実際に影響を受けるのはYouTuberなど、

    YouTubeで動画コンテンツを生み出しているクリエイター。

     

    今まではYouTubeで収入を発生させる場合、

    それぞれの動画の収益化ページで一定の設定をするだけで大丈夫で、

    どんな動画でもある程度の再生数があれば1円程度でも収入が発生していました。

     

    しかし今回の仕様変更で、

    チャンネルの動画再生数1万回に満たなければ広告が表示されなくなりました。

     

     

    リスナーにはメリットになる?

     

    この仕様変更はYouTubeを閲覧するリスナーにはメリットになるでしょうか?

     

    ここ最近、

    広告収入目当てだけに騙しのサムネイルやタイトルを付けた動画が圧倒的に増加しました。

     

    また他人の動画を無断借用や著作権侵害をするユーザーも増加。

     

    今回はそういった部分に対する処置のための変更だそうです。

     

     

    収益化までのハードルもアップ

     

    再生数1万回を超えれば収益を得られるなら動画を量産すれば良くない?

    みたいなユーザーが今回の変更で増えそうですが、

    そのあたりに対しても対策がなされています。

     

    まず収益化に関する申請を行うと審査が行われ、

    1万再生を超えた後もYouTubeのポリシー違反が無いかのチェックが入ります。

     

    この2つの壁を乗り越えてやっと収益化の設定が行えるようになります。

     

     

    これからのYouTuberに影響は出るのか?

     

    ご存じのようにYouTuberは今では子どもたちのなりたい職業のひとつに上がっています。

     

    これからYouTuberを目指す子ども達には1万再生というのは大きな壁になると思います。

     

    ですが、

    どんな仕事でも努力がベースにありますし、

    YouTuberは立派なクリエイターとしての仕事です。

     

    この現状を踏まえて、

    これからの次世代YouTuberは仕組みについて勉強し、

    より再生数を稼げるような良質なコンテンツを生み出してくれるのではないでしょうか。

     

    そういう意味ではプラスに働きそうですね。

     


    | 1/1PAGES |

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << August 2018 >>

    selected entries

    categories

         

    Google ADsense

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

            

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM

    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...