amazonの子ども向けタブレット「fire HD8 キッズモデル」を3歳児に1週間使わせてみた結果

0

     

    1週間自由に使わせてみた

     

    3月19日に発売されたAmazonのキッズ向けKindle「fire HD8 キッズモデル」。

    月額の子ども向けプログラムとして「FreeTime Unlimited」というアプリや本、ビデオの使い放題が1年間無償で付属しているのですが、1週間ある程度3歳の娘に自由に使わせてみました。

     

    自分のタブレットが持てるという嬉しさ

     

    まずは自分専用のタブレットを持てたことがものすごく嬉しいみたいで、購入前に買っておいたトートバッグからキチンと出し入れして使ってくれています。

    放置するときは端末も床の上とか踏んでしまうような危ない場所には置かず、テーブルの上に置いているので自分の物を大切にするという認識は芽生えてくれたようです。

     

    ルールは把握している模様

     

    タブレットを与えたとき、必ず端末との付き合い方、、、つまりどんな風にけじめを付けて使っていくかというルール決めが必要になりますが、娘はまだ小さい事もあって必ず「コレやっていい?」と聞いてから始めてくれるのでとりあえず今のところはあまりルールを決めなくても大丈夫そうです。

     

    ダッシュボードで使用状況を確認

     

    amazonの設定画面にアクセスすると使用状況の確認や設定変更ができるようになります。

    とりあえず1週間分のデータを確認。

     

     

    発売された火曜日〜月曜日までの7日間、使用時間は30時間ほどで1日平均3〜4時間使っているようです。

     

    アプリの使用頻度で好みや飽き性度も確認

     

    ダッシュボードでは使用したアプリの種類と使用時間が全て確認できます。

    どのアプリも30分以上は遊んでいるようで、3歳の子どもで30分同じアプリで遊べるならある程度集中できているかと思います。

    長期的に見て5分とかのアプリがたくさん出てくるようになれば注意して見ていく必要はあるかもしれません。

     

    けっこう役に立つ絵本

     

    親として良かったと思うのが絵本も読み放題でたくさん入っているということ。

    家にも絵本はありますがそんなにたくさんありませんし、読み聞かせをしようと思ってもけっこう散漫になる所がありました。

    試しにタブレットで読み聞かせしたところ最後まで集中して聴いてくれたので、何か感覚が違うのかもしれません。

    また絵本を1冊購入しようと思えばだいた1000円前後になります。

    そう考えるとこのタブレット1つでたくさんの絵本が持ち運びできて、どんな場所でも見せられるのは大きな利点です。

     

    パズルができるようになった

     

    アプリの中にパズルで遊べる物が幾つか入っています。

    ピースの数も6つから90を超えるまで選んで遊べるのですが、それが面白いらしく何度もチャレンジしていました。

    たまたまファミレスでもらったおまけのパズルがあったのですが、やってみたいと言い出しやらしてみると割と上手に揃えていました。

     

    IMG_1430.JPG

     

    今まではパズルとか意味分からずで適当にピースをひっつけて遊ぶだけだったのが、完成させる喜びと達成感を学んだようです。

     

    けっこう良い感じです

     

    最初はタブレットになれてくれたら良しくらいで始めたのですが、たった1週間でアプリはダウンロードが必要なことを理解したり、ゲームのルールを学んだり、けっこう良い感じに使っていて、確実に学びには繋がっていることはわかりました。

    これが1年2年となったときにどういった使い方をしていくかを見守りつつ使わせていこうかと思います。

     

    ↓↓↓amazonでチェック↓↓↓


    小学館の「幼稚園」付録「びよんびよんらーめん」を作ってみた件

    0

      JUGEMテーマ:付録

       

      話題の付録再び、、、

       

      以前、小学館から発売されている幼児向け雑誌「幼稚園」の付録、バベルのメダルタワーを紹介したのですが、今回の4月号もなかなか奇抜な付録が付いてきたので作ってみました!

       

      >>小学館の「幼稚園」付録メダルおとしゲーム「バベルのメダルタワー」を作ってみた件

       

      更に難しすぎる付録へと進化

       

      以前もお伝えしたとおり、幼稚園の付録と言えば難しすぎて幼稚園児には作れない付録として有名です。

      今回は部品点数は少ないものの、かなり苦戦を強いられました。

       

      まずは可動部分から

       

      最初に作るのは今回のキモとなるゼンマイ部分。

      前回のバベルは電池を入れて動くモーター式の部品でしたが、今回は棒を引っ張って動かすゼンマイ仕掛けの付録になっています。

       

      IMG_1057.jpg

       

      このあたりの製作は特に難しさもなくて余裕ですが、一番酷使するであろうパーツ部なので、しっかりと組み立てあげました。

       

      パーツが差し込め無くて苦戦

       

      次に取りかかったのがラーメン鉢の底になる部分。

      4箇所の切り込みにパーツをはめ込むだけの単純作業ですがコレがかなりの強者。

      IMG_1060.jpg

       

      切り込みは狭くて細い上に差し込み側のパーツは抜けにくいように大きめに作られているので、綺麗に差し込んでいくのにかなり苦労しました。

      たった4箇所でも10分程度かかっています。

       

      さらに強者パーツが、、、

       

      次はラーメンの鉢になる部分の組み立てです。

      これが最も苦労した部分で、底の部分とゼンマイパーツの両方を切り込みに差し込みつつ丸く形を作って行くようになります。

      IMG_1066.jpg

       

      ひとつ差し込むと他の所が抜けるし差し込みにくいしで、20分近くの時間を強いられました。

       

      遂にあのパーツを

       

      なんとからーめん鉢も完成させ、スープが印刷されたパーツをはめ込み、遂にあのパーツを取り付けます!

      そう浮かんでびよんびよんするお箸のパーツです。

       

      ラーメンは長めの輪ゴム10本で、箸は輪ゴムと同じ色のストローで固定されます。

      IMG_1072.jpg

       

      輪ゴムとストローが同じ色なので同化して浮かんで見えるという錯覚が起こるようになっているわけですね。

       

      さぁここまでできたら仕上げです。

       

      最後は具材をトッピング

       

      もうほぼ完成しているので、最後は具材をトッピングしていきます。

       

      付属している具材はチャーシューが10枚、なると、メンマ、そしてトングも付属しています。

      全部をトッピングするとあら不思議、ちゃーんとラーメンに見えてきます。

      IMG_1102.jpg

       

      大きさも恐らく1分の1スケールで、具材に立体感があるので飾っていてもシュールで面白い感じです。

       

      実はゲームだったりします

       

      今回の付録使い道はびょんびょんするだけ?って思っていたら違って、実はゲームになっていたりします。

      びょんびょんしている間にトングを使って具材を盛り付けていこうというゲームで、なかなか大人でも苦戦するこれまた子ども泣かせの内容となっています。

       

      びょんびょんさせてみた

       

      さて気になるびょんびょんですが、こんな感じです。

       

      どうでしょう?

      けっこういい感じにびょんびょんしてると思いませんか?

       

      幼児向けの付録とは言うものの、完成品を見ると大人の心をガッチリ掴んでくれる逸品です。

      今後もこんな難しすぎる付録を期待していこうと思います。

       

      ↓↓↓Amazonで購入する↓↓↓


      小学館の「幼稚園」付録メダルおとしゲーム「バベルのメダルタワー」を作ってみた件

      0

        JUGEMテーマ:付録

         

        難しいと評判の付録

         

        小学館の幼児向け雑誌「幼稚園」

        今回は2月号の付録で「めだるおとしゲーム」が付くと言うことで買ってみました。

         

        この付録はSEGAとのスペシャルコラボで、人気の「バベルのメダルタワー」を作れるようになっています。

         

        ちなみに「幼稚園」の付録は幼稚園児では作れないほど難易度が高いといういわく付きの付録です。

         

        意外に点数が少ない付属品

         

        可動部のある付録なので付属品の点数が多いと思ったものの、割と点数は少なめになっています。

        IMG_6758.JPG

         

        出してみると紙製の部品が2つ、透明のシートが1つ、メダル50枚、スライドユニットの計5点。

        本当にこれで作れるのかと思うくらいシンプルな構成です。

        IMG_6760.JPG

         

        用意する物

         

        自分で用意する道具も幾つか必要です。

        説明には電池しか書かれていませんが、実際にはプラスドライバー、セロテープ、単4電池が1本必要になります。

        IMG_6759.JPG

         

        早速製作開始!

         

        本に掲載されている説明を読みながら作っていきます。

        IMG_6761.JPG

         

        恐ろしい位シンプルな説明書きで、折り目の「山折り」「谷折り」も書かれていないので色々試行錯誤しながら作る必要があります。

        ということで1項目めからアッチに折ったりコッチに折ったりで15分を費やしてしまいました。

        IMG_6763.JPG

         

        空間認識能力が高い人だと割と理解しやすいと思います。

         

        とりあえず少しずつ

         

        色々確認しながらとりあえず1つ目のユニットが完成。

        どうもメダル払い口のようです。

        IMG_6764.JPG

         

        続けて左右の壁を取り付けます。

        少しそれっぽく見えてきました。

        IMG_6765.JPG

         

        補強はしっかりと

         

        特に説明書には書かれていないのですが、各接合部はテープ止めしていくのがオススメです。

        特に小さな子どもに与える物なので強度を高める為にも重要な作業です。

        IMG_6767.JPG

         

        組み立てるたびにテープ止めしていくと作りやすさも格段にあがるので面倒でも頑張りましょう。

         

        30分でやっと2ページ目に

         

        製作開始から30分。

        かなり形になってきて完成が楽しみになってきました。

        この頃になると難解な説明書も感覚的にわかるようになってくるので人間って不思議です。

        IMG_6768.JPG

         

        ページもやっと2ページ目に突入です。

        IMG_6769.JPG

         

         

        重要部品の取り付けへ

         

        ここからは重要部品の取り付けがメインになります。

         

        フロントパネルもちゃんと取り付けて払い出し口ができあがりました。

        IMG_6770.JPG

         

        透明パネルを取り付けます。

        こういう部分で手を抜いていないのがいいですね。

        子どもはすぐに手を突っ込んでズルをするので、さすがの小学館です。

        IMG_6771.JPG

         

        ついにスライドユニットの装着へ!

         

        メダル落としなのでプッシャーと呼ばれる部分が必要になります。

        幼稚園児の雑誌と言っても手抜きはされておらず、ちゃんと電動式のスライドユニットが付属しています。

         

        動力は単4電池なのでフタを開けて装着します。

        IMG_6762.JPG

         

        後ろの隙間からユニットを差し込みます。

        なんか妙に格好良さを感じます。

        IMG_6772.JPG

         

        このユニットが入ると重量感が増すので、急に本格的なマシンに思えてくるので不思議です。

        IMG_6773.JPG

         

        あと少しで完成!

         

        製作開始からすでに60分。

        やっと全体的な形ができあがり、あとは装飾部品を取り付けたら完成です!

        IMG_6776.JPG

         

        遂に完成!

         

        製作時間70分で遂に完成しました!

        IMG_6777.JPG

         

        想像以上に良いデキです!

         

        動かしてみた!

         

        動いた感じはどんなもんでしょう?

        早速遊んでみました。

         

        見たとおりちゃんと動いていますし、メダルもやたらと落ちるわけではなくある程度テクニックが必要なこともわかります。

         

        3歳の娘に遊ばしてみたところかなり夢中で遊んでくれて気に入ってくれました。

        子ども向けの付録ですが、大人が遊んだりインテリアにも可愛いのでぜひ作ってみてくださいね!

        ↓↓↓Amazonで購入する↓↓↓


        ベビーカーを2人乗りに変身させるバギーボードが超絶便利な件

        0

          JUGEMテーマ:子育て情報

           

          子どもが2人になりました!

           

          今年の8月に第二子が誕生し、私も二児のパパとなりました。

          色々と育児を改めて思い出しつつやって行ってるのですが長女もまだ3歳になったばかり、ひとりで歩かせるにはまだまだ危険がいっぱいな年頃です。

           

          次女はベビーカーに乗せての移動となると長女はどうするかという問題になるのですが、それを解決してくれるグッズがあります!

           

          それが俗にバギーボードと呼ばれる補助具です。

           

          今回はこのバギーボードがかなり便利で二人目育児にとても役に立っているのでぜひご紹介させて下さい。

           

          いまあるベビーカーに取り付けるだけ

           

          バギーボードは日本ではまだまだ知名度が低いようで、街中でも使っている人をあまり見かけませんし、販売されている種類も少なめです。

           

          どんな物かというと写真を見てもらえれば一目瞭然です。

          IMG_1949.JPG

           

          ベビーカーの押し手に子どもがつかまっているのですが、足下をみてください。

          黒い台に乗っているのがわかると思います。

          これがバギーボードです。

           

          静音で安全なボードを

           

          ラスカルという海外のボードをよく見かけるのですが、今回はそれとは違って日本育児というメーカーが発売している「ママつれてって!」というボードを購入しました。

           

          これに決めた理由は単純で、まず静音設計の車輪を使っていること、そして通常は2輪が多い中3輪でより安全性が高い事から選びました。

           

          小さな子どもが乗るボードで、尚且つ後付けする商品です。

          万が一を考えると安全性はかなり重要になります。

           

          取り付けは簡単

           

          気になる取り付けですが、工具も使わず女性でも簡単にできるようになっています。

           

          まずはベビーカーの足に繋ぎの部品を取り付けます。

          ベルトを巻き付けてネジ状にクルクル回すとしっかり締まっていきます。

          IMG_4088.JPG

           

          ボードにアームを取り付けて、そのアームをこの部品にカチッとはめたら完成です!

          IMG_4086.JPG

           

          着脱はボタン一つで簡単。

          車に乗せるのにも邪魔になりません。

          IMG_4087.JPG

           

          装着イメージはこんな感じです。

          IMG_4084.JPG

           

          けっこう大きな子どもでもOK

           

          こちらのボードは30Kgまでいけるとの事で、けっこうというかかなり子どもが大きくなっても大丈夫です。

          ちなみに私もたまに乗ってみますが特にきしむこともなくビクともしません。

           

          音に関してはやっぱりガラガラって音はします。

          ただ静音設計ということで他のボードであればもっと大きな音がするかもと思います。

          かなり静かなボードって存在しないと思いますので、そこは割り切って使うのがベストです。

           

          だいだいどんなベビーカーでも付きます

           

          ベビーカーの足にベルトを巻き付けるだけの単純な構造なので、極端に足が太いとかでなければだいたいどんなベビーカーでも取り付けOKだと思います。

           

          うちのベビーカーは前向きであれば普通に取り付け可能なんですが、対面にすると足が太すぎてちょっとギリギリでした。

          なので足とはちょっと違う部分に取り付けパーツを付けて使っていますが、特に問題無く使えています。

           

          親も子どもも楽になりました

           

          これを使っている人のレビューをみるとだいたいどの子も喜んで乗ってくれるようです。

          うちの娘もこれに乗るのは大好きなので親としても安心して移動ができますし、子どもも疲れにくくてとても便利です。

          5000円程度のそんなに高くない物ですので、少しでも子育てが楽になるようにぜひ使われてみられるのをオススメします。

          ↓↓↓amazonで購入できます↓↓↓


          | 1/1PAGES |

          calendar

          S M T W T F S
             1234
          567891011
          12131415161718
          19202122232425
          262728293031 
          << May 2019 >>

          selected entries

          categories

               

          Google ADsense

          archives

          recent comment

          links

          profile

          search this site.

                  

          others

          mobile

          qrcode

          powered

          無料ブログ作成サービス JUGEM

          Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...