今さら聞けないiPhone版「Google Chrome」使い方講座 2017年最新版

0

    JUGEMテーマ:iphone

     

    Google Chromeも進化している

     

    iPhoneのOSも先日iOS10.3へとバージョンアップしましたが、

    Safariに並ぶブラウザのアプリGoogle Chromeも機能が随分と増えました。

     

    もしかしたら今まで通りの機能しか使っていない人や、

    不便なまま使っている人もいるかもしれません。

     

    そこで今回はGoogle Chromeの設定や機能を見直してみましょう!

     

    新しいタブを開く

     

    Google Chromeは複数のタブを開いて、

    便利に検索結果を行き来することができます。

     

    やり方はとっても簡単!

     

    画面を下に引っ張って、、、、、

     

     

    左にスライドさせます。

     

     

    これで簡単に新しいタブが開きます。

     

     

    表示しているタブを閉じたい

     

    ネットバンクなどを利用したあとなど、

    開いているタブを閉じたい場合があります。

     

    右上のタブの一覧を開いて×を押している方も多いと思いますが、

    もっと簡単な方法があります。

     

    先ほどと同じく開いている画面を下に引っ張って、、、

     

     

    右にスライドです!

     

     

    これでパッと表示しているタブを閉じることができます。

     

     

    全てのタブを一気に削除したい

     

    ネットサーフィンをしていると

    いつのまにか100近くのタブが開いているときがあります。

     

    あまり開きすぎるとiPhoneの動作にも支障が出てくるので、

    定期的に閉じましょう!

     

    まずは画面右上の数字をタップします。

     

     

    タブの一覧表示が出たら右上のオプションメニューを開きます。

     

     

    「すべてのタブを閉じる」を選択します。

     

     

    これで開かれていたタブが一気に閉じられます。

     

     

    検索結果をYahoo!で表示したい

     

    上部に表示されているアドレス入力欄は

    検索にも使えることは承知の事実だと思いますが、

    標準だとGoogleの検索結果が表示されます。

     

    検索結果をYahoo!に変えることができます。

     

    まずは画面右上の・が縦に3つ並んだオプションを開きます。

     

     

    表示されたメニューから一番下の設定を選びます。

     

     

    「検索エンジン」の項目を選択すると、

    「Google」「Yahoo! Japan」「Bing」

    の3つから選択できるようになります。

     

     

     

    閲覧履歴を削除する

     

    「オプション」を開いて「設定」に進みます。

     

    更に「プライバシー」→「閲覧履歴の消去」を選びます。

     

     

    削除したい項目にチェックを入れます。

    上記の写真のように上位3つがオススメです。

     

    「保存したパスワード」を削除すると、

    ログインの時に自動表示されるIDやパスの入力が必要になります。

     

    あとこの項目は他の端末と同期している場合、

    全ての端末から削除されるので注意が必要です。

     

     

    リンクをクリックしても何も表示されない時がある

     

    アンケートのサイトなどで、

    リンクをクリックしても無反応な時があります。

     

    もしかするとポップアップ・ブロッカーが働いているかもしれません。

     

    ポップアップ・ブロッカーは意図的にタブを複数開いて、

    広告や悪意のあるサイトなどの表示を抑止してくれる機能です。

     

    正常なサイトでも誤検知でブロックしてしまう時があります。

     

    「オプション」→「設定」→「コンテンツの設定」

    →「ポップアップのブロック」に進みます。

     

     

    ここを一旦OFFにしてみてください。

     

     

    QRコードを読み取る

     

    最新のGoogle ChromeからQRコードの読み取りがサポートされました。

     

    やり方は簡単!

    ホーム画面にあるGoogle Chromeアプリのアイコンを押し込みます。

    ※3D Touchに対応したiPhone6以降で利用可能です。

     

     

    表示されたメニューから、

    「QRコードをスキャンします」を選択。

     

    カメラが起動して読み取り可能になります。

     

     

     

    音声で検索する

     

    TV CMでもおなじみの音声検索。

     

    CMではAndroidのCMとして流れていますが、

    iPhoneでも当然できます。

     

    一番簡単なのが先ほどと同じく、

    アプリのアイコンを押し込んでメニューを表示、

    「音声検索」を選択すればOKです。

     

     

    以上、

    いかがでしたか?

     

    機能を使いこなすととっても便利になりますよね!

     

    今後も機能追加はドンドンされていくと思うので、

    また新機能が出た頃に記事をアップデートさせますね!

     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>

    selected entries

    categories

         

    Google ADsense

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

            

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM

    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...