連休明け平日イベント無し、USJがかなり空いていた件

0

     

    お昼から入園

     

    昨日は家族でUSJへ。

    昨日というとクリスマスのイベントも終了して特にシーズンイベントも無い日。

    連休も明けて尚且つ平日。

    それに追い打ちをかけるようにバックドロップなども点検のため終日運休中という状況です。

     

    たくさんアトラクションを楽しみたい方には人気アトラクションも運休していて残念なのですが、小さな子ども連れにとっては絶好のチャンス日和になります。

     

    ということであせらず13時から入園して楽しんできました。

     

    思った通り空いていました

     

    入場ゲートは待ち列もなくスムーズに入場。

    中にはいってみるとエントランス付近はガラガラで思惑通り空いていました。

    IMG_7211.JPG

     

    しかも昨日のお昼間は雨が降ったりやんだりの不安定な天気で、行き控える人も多少はいたんじゃないでしょうか。

     

    人気のコースターも待ち時間短く

     

    いつもUSJの混雑具合を最初に確かめる場所があります。

    それが「ハリウッド・ドリーム・ザ・ライド」です。

    必ずここの前を通って待ち時間を確かめ、その時間によって混雑具合を把握しています。

     

    ちなみに昨日のお昼間はこんな感じ。

    IMG_7225.JPG

     

    左はシングルライダーなのであまり参考になりませんが、中央の15分というのが「ハリウッド・ドリーム・ザ・ライド」の通常待ち列の待ち時間。

    今回はバックドロップバージョンは年次点検のため終日運休でした。

     

    15分なのでかなり空いているのがわかります。

     

    19時まででも十分遊べました

     

    クローズ時間は19時。

    早いクローズ時間に思えますが、一昔前USJが踏ん張り時の時代はこの季節17時クローズでした。

    クローズ時間が早いときは空いている確率が高いので、それを目安に訪れるのも良い目安かと思います。

     

    今回は子どもが初めて92僂凌板浩限をクリアーして、色々なアトラクション体験をすることができた記念すべき日。

    ずっと乗りたかった「ミニオンのハチャメチャアイス」は待ち時間5分ですんなり体験できました。

     

    それ以外にもワンダーランドで6つのアトラクションを次々体験。

     

    13時〜19時までの間でしたが、食事で2時間程度使って30分のショーを1本体験しても、合計8回分のアトラクション体験が可能でした。

     

    閑散期を狙ってみることも

     

    サービス業をしたことが無い人には馴染みの無い言葉かもしれませんが、レジャー業界では必ず「繁忙期」と「閑散期」があって、長期の休みやお盆・大型連休・年末年始などは人が増える繁忙期、梅雨の時期やお正月終わり、連休後、寒い冬の間などは閑散期となります。

    テーマパークだと閑散期は基本的にシーズンイベントは無く営業時間も短めで、志摩スペイン村などは冬季休園するなど経費の削減をすることが多いです。

     

    逆にUSJなどはクールジャパンを1月18日から開始するなど、1年をかけて閑散期を作らないように工夫しているパークもあります。

     

    それでもイベントの切り替え準備期間の間などはどうしてもあるわけで、今回は数少ない閑散期の穴を狙って訪れたわけです。

     

    年間パスを持っているのでアトラクションを無難に楽しみつつゆっくり食事してと言うような、普段と違った余裕のある体験ができる期間なので、寒いからいくの嫌とか言わずに遊んでみられるのはオススメです。

     

    ちなみにクールジャパンが長期間で開催されるので当分の間USJに閑散期が来ることは無さそうですが、もし今年の梅雨が雨が多いようだったら、直近ではその時期が多少空くのではないかと思います。


    駐車場の予約サービスが便利すぎる件

    0

      JUGEMテーマ:駐車場

       

      デメリットを逆手に取ったサービス

       

      私の移動手段は車がメインで、どんな場所でもだいたいの場合は車での移動となります。

      車の場合、荷物をたくさん積むことができたり、施設近くに駐車できたり、確実に座って移動ができるなどメリットの多い反面、場所によっては駐車場が混んでいたり駐車料がかさむなどのデメリットもあります。

       

      そんなデメリットの部分を逆手にとって便利に運営されているのが駐車場の予約サービスです。

       

      使えるサービスはまだまだ希少

       

      ここ数年駐車場の予約サービスは増えつつあって、種類は大きく分けると2つになります。

      ひとつはコインパーキングを運営している大手の会社が行っている予約システムで、代表的な所でいけばタイムズの提供するやリパークなどが提供していて、基本的には自社で運営しているコインパーキングの一角を予約制にすることで貸し出しています。

       

      もう一つは専門の会社で、akippaや軒先パーキングなどが有名です。

      こちらは会社、マンション駐車場、月極駐車場など、空きのある区画を貸し出す仲介業者となります。

       

      それぞれのメリット

       

      大きく2つにわけられる会社ですが、それぞれにメリットがあるので目的地によって使い分けることが必勝法になります。

       

      まずはコインパーキングの会社が提供している予約サービスです。

      こちらは駅や大型施設、人気施設周辺での提供数が多いというメリットがあり、目的の施設が決まっているとか駅を利用したい場合などは便利に使えるパーキングです。

       

      但し、駅や人気施設に近い場合はそれなりに金額は高額になりますので、15分程度歩くのが苦で無ければ24時間400円などの穴場スポットを見つける事も可能です。

       

      予約専門の会社が提供するパーキングはピンポイントで見つかることは希で、希望の目的地から距離の離れた場所にあることがほとんどです。

      ただアクセスの悪さから破格の値段設定が行われてる場合もあり、24時間200円なんていうパーキングも見つける事ができますし、会社の駐車場などを貸し出ししているということで、そもそもコインパーキングも見つからないような場所で提供していることもあり、見逃せない存在となっています。

       

      予約ができるというメリット

       

      通常よりも価格が安くてメリットがあるのですが、予約ができて確実に駐車ができるというのは最大のメリットです。

      人気のイベントやライブ会場の近く、テーマパーク付近、飛行場付近などは確実に車を停めたい場所になるものの空きも少ない人気パーキングです。

      そこで予約を前もってしていると何時に行っても確実に駐車できますし、お金も事前に払っているので時間を気にせずに楽しむ事ができます。

       

      私はこういったスポットを利用する際には必ず予約制パーキングをチェックしてから出かけるようにしています。

       

      実際利用はどうするの?

       

      初めて予約制パーキングを使うのは不安ですよね。

      実際には特に何も難しいことはありません。

       

      まずは専用のサイトで予約をします。

      だいたいの場合は先払いのクレジット決済になるはずで、料金の支払いと同時に車の車種やナンバーなどの登録も行います。

      予約が完了するとメールでパーキングの所在地・区画ナンバーなど詳細が送られてきます。

      あとは現地に行って指示された区画に駐車して利用後は勝手に出て行くだけで大丈夫です。

       

      区画はBタイムズの場合コーンが置いてあったり、Bタイムズのプレートが付いていたりします。

      リパークのtoppiだと予約専用のコーンが置かれていますし、区画もわかるように色違いになっています。

       

      メリットの反面トラブルも

       

      予約といっても無人貸し出しなのでやはりトラブルというのは起こりえます。

       

      予約での利用利用時間は0時から23時59分までの1日貸しがほとんどですが、前日の利用者がルーズで置きっぱなしとかもあるかもしれません。

       

      また一番多いトラブルは予約していたのに他の車が駐まっていたというトラブルでしょう。

       

      トラブルに遭遇した話

       

      私は2度他の車が駐まっていたというトラブルに遭遇しています。

       

      1回目はBタイムズで、コチラはオペレーターの反応から複数台置けるところ、区画の伝え間違いを起こしたか、前日の利用者がそのまま移動させずに使ってしまったかのどちらかかと推測されます。

      この場合は同じ施設内の他の区画を案内されて問題解決です。

       

      悪質なのが2回目のトラブル。

      これはつい先日リパークのtoppiを利用した時なのですが、予約区画に黒のベンツが堂々と駐車。

       

      予約専用のコーンを移動させての堂々とした駐車に呆れます。

      オペレーターに問い合わせたのですが、予約間違いとかではなく無断駐車らしく通報しますって言ってましたが本当にしているかは疑わしい所。

       

      23時55分くらいに戻りましたがまだ駐まっていて、結局無断で2日以上タダ置きしている事になります。

      ちなみにフロントガラスに貼り紙されてましたが、内容は予約制ということとオペレーターまで電話して下さいっていう内容で、ちょっと生ぬるいかなと思いました。

      本日予約された方が利用できず警察に通報しました位書いてほしい所です。

       

      ここの駐車場駅からも遠いし利用は少なそうなので、普段空いてるのを知っていて確信的に使ったんでしょうね。

       

      今回の場合は同じ敷地内の時間制区画を遠隔処理で利用できるようにしてもらいトラブル解決です。

       

      2件のトラブルを解決するためにそれぞれ電話やり取りを15分程度必要とします。

      時間的リスクもありますし今後もトラブルは増えるでしょうから、専用の機械で暗証番号を入力して区画に入るとかシステム面の整備も進めてほしいですし、トラブルに巻き込まれていて正常利用できなかったのでその日の利用料金は返金対応するべきでしょう。

       

      今後も増える兆し

       

      最近は車離れもあり、尚且つ空き地も増えてきているようなので予約制駐車場は増えていくと思います。

      そうなると前途したトラブルは確実に増えるので、対策や仕組みを整えていくのが課題になると思います。


      << | 2/108PAGES | >>

      calendar

      S M T W T F S
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      2425262728  
      << February 2019 >>

      selected entries

      categories

           

      Google ADsense

      archives

      recent comment

      links

      profile

      search this site.

              

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM

      Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...