【USJ】スーパーニンテンドーワールド マリオのエリアが2月4日オープン決定!

本来は東京オリンピック前の夏として、7月にはオープンしていたはずのUSJ新エリア「スーパー・ニンテンドー・ワールド」の正式オープン日が2021年2月4日に決定しました!

マリオの世界観そのままのエリア

新エリアは「スーパー・ニンテンドー・ワールド」とは言うものの、ニンテンドーで根強い人気のポケモンやドンキーコング、ゼルダの伝説、どうぶつの森などではなく、スーパーマリオのが再現されたエリアで、USJ初の多層式エリアとなっています。

現在USJ内にあるエリアは現実的で、歴史のある建物や映画内の建物を再現しているため、良い意味で地味や経年劣化した見た目に維持されています。

それとは反対に今回のエリアはゲームの中に存在する架空の世界。

とにかく彩り鮮やかで、実際にエリアに入ると閉塞感のあるように建物群が設置されているため、完全にマリオの世界に入り込めることは確実でしょう。

よーく見ると1UPキノコが左右に動いていたり、クリボーが歩いていたり、ドッスンが落ちたり、おなじみのコインが回転していたりと、よくここまで再現したもんだと関心するレベルの完成度に仕上がっている模様。

ドンキーコング・エリア拡張の噂も

海外のユニバーサル・スタジオでドンキーコング・エリアがほぼ確定、ポケモン・エリアが噂レベルで囁かれており、ちょうどエリアの右上部分が空き地となっているので将来的にドンキコングエリアが拡張されるのではと噂されていますが、上空写真を見る限りエリアは完全に建物で囲まれており、現在のエリアから新エリアへ移動できそうな余地が見当たらず、むしろ拡張されるとしたらハリーポッターのエリアの方が融通が効く感じです。

created by Rinker
任天堂
¥5,299 (2021/01/27 22:33:24時点 Amazon調べ-詳細)

マリオの世界に飛び込める3つのアトラクション

新エリアには2つのライドアトラクションと攻略型アトラクションがあり、マリオの世界に没入できるようになっています。

マリオカート 〜クッパの挑戦状〜

反重力型のマリオカートに乗ってゲームさながらにレースを楽しめる世界初のアトラクション。

ゲームさながらのスピンやドリフトも

ハンドルを握ってレースを行うアトラクションで、ゲームと同じくスピンやドリフトをしながらコースを滑走していき、途中マリオやルイージも真横をすり抜けて行くことも。

レース中に手に入れた「こうら」をアイテムボックスから使用し敵を邪魔する事も可能で、レースに勝ったり負けたりと毎回違った展開を体験することができます。

最新技術を惜しみなく投入

ゲームの世界観を実現するために最新鋭の技術が惜しみなく投入されており、AR、プロジェクション・マッピング、スクリーン投影映像、スチームなどの特殊効果、歴代のゲームの名シーンを再現したセットを組み合わせ、マリオカートそのままを体験できます。

ARヘッドセットで更に仮想体験も

特殊効果の中でも特に注目すべきはARヘッドセット。

マリオの帽子型ARヘッドセットは詳細は発表されていないものの、恐らく立体的なサウンドと共に目の前に映像を重ねる目的で使用すると予想され、例えば順位がゲームのように表示されたり、投げたこうらが転がっていく様子が移し出されるのかも。

VR(仮想現実)と違って透明なスクリーンに映像を映し出すAR(拡張現実)なので、動きと映像のみで表現している「ドラえもんXRライド」などよりもさらに表現の幅が広がった最新のアトラクションになっていることは言うまでもありません。

待ち列にも注目

オープンから数ヶ月の待ち時間は相当長くなることは簡単に予想されますが、待ち列内のプロップスもゲームにちなんだプロップスが多数あり、ハリポッターのホグワーツ城内部のように楽しみながら時間をつぶすことができそうです。

クッパの銅像

マリオカートに乗り込む直前でしょうか、赤い絨毯が敷かれた階段の先には巨大なクッパの銅像が。

クッパ城らしく怖い感じで作られた銅像はとってもリアル。

歴代のトロフィーも

ゲームに登場する歴代のトロフィーのプロップスも。

このトロフィーが見られるだけでもマリオカートファンは歓喜でしょう。

これ以外にもオリジナルのユニバーサル仕様のトロフィーや、長年のマリオの宿敵であり城主のクッパからの挑戦状も設置されているので要チェックです。

アトラクションの利用制限

身長制限は1人で乗る場合122cm以上が必要、同伴者がいる場合92cmから体験可能で、4歳くらいの子どもから同伴で体験できそうで、比較的身長制限はゆるく設定されています。

ヨッシー・アドベンチャー

ヨッシーの背中に乗り、キノピオ隊長を追ってお宝探しに向かうファミリー向けライド・アトラクション。

屋内外を旅するようになっていて、屋外のマウント・ビーン・ポールではゆっくりとマリオの世界を高い場所から眺められるようになっています。

ちなみにUSJでは屋内外を併用したアトラクションとしては初になります。

アトラクションの利用制限

身長制限は1人で乗る場合122cm以上が必要、同伴者がいる場合86cmから体験可能で、3歳くらいの子どもから同伴で体験できそうで、マリオカートより更に小さな子どもでも楽しめるようになっています。

パワーアップバンド・キーチャレンジ

クッパJr.が盗んだゴールデンキノコを取り返すため、エリア中のゲームをつぎつぎと攻略し、3つのカギを入手するアトラクションで、恐らくウォークスルー・タイプのアトラクションになると予想されます。

ラストではクッパJr.とのボスバトルも待ち受けており、実際にジャンプしたりパンチしたりと身体を駆使したアトラクションになっています。

身長制限は設定されていませんが、推奨年齢は5歳以上とされています。

パワーアップバンド

アトラクションを楽しむために必須なのがパワアップバンドで、パーク内での購入が必要。

USJのスマホアプリと接続することにより連携し、集めたコインの枚数などを確認したり、スタンプを貯めたりできるようになっています。

世界ランキングを確認できたりするので、リアルな世界でゲームの仮想体験ができる仕掛けも施されています。

当ブログでは引き続き新情報をアップデートしていきます!

created by Rinker
任天堂
¥5,299 (2021/01/27 22:33:24時点 Amazon調べ-詳細)