庭の蜂の巣駆除を依頼してみた件 – 料金設定の裏事情など聞きました。安く駆除する方法は?

気がつくと蜂の巣が!

玄関先の庭に気がつくと蜂の巣ができていました。

植木の奥の方だったので隠れて見えなかったのですが、ここまで大きいのである程度の期間あったと思われます。

恐る恐る近づいてみるとハチが巣に付いて動いているのがわかります、

ハチの数は30匹くらいでしょうか?

ネットで調べると蜂の巣が蓮の実の形に似ていて、シャワーヘッド型でもあるのでアシナガバチの巣と判明。

アシナガバチ
体長は20〜25㎝ほどで被害の多いスズメバチに比べると攻撃性は弱く大人しい。
但し不用意な接近や刺激を与える事により刺してくるので注意が必要。
4〜5月にかけて女王蜂が1匹で巣作りをはじめ、6月頃には働きバチが誕生。
7〜8月には活発に活動をはじめる時期になります。
その後は巣でじっとしている時期となり、10月には次の女王蜂との交尾をするためにオスが集団で飛び回るようになります。
刺激を与えると攻撃してくる反面、害虫をエサとする益虫の役割も担っています。
作られた巣は再利用されないため危険な場所でなければ駆除せず共存していくという選択肢もあります。

業者に連絡

とりあえずウチの庭は通学路に面していて、子ども達が刺されると大変なので駆除の方向で考えました。

WEBで探すとハチの駆除業者は簡単に見つかります。

その中からサイトがキチンと作られていて価格も4000円〜という、フリーダイヤルも開設しているサイトを選び見積もりをお願いしてみました。

とりあえず巣の大きさとハチの種類を伝えてると現地確認で見積もりを行うという事。

実際には電話でもある程度の見積もりは出せるはずですがぼやかされます。

高額料金を伝えるとだれもお願いしないもんね。

とりあえず夜に電話して翌朝には見積もりに来てもらえるようになりました。

実際の見積もり価格は?

翌日業者のお兄さんが一人で来てくれました。

で、呈示された金額は2万円。

実際それ位言われるだろうなって覚悟していたのですが、そんなにかかるもの?って交渉してみました。

実際2万なら他の業者の相見積もりも行いたいしという事を伝えると値切りが開始。

1万6千円まで下がりました。

話していると気の良いお兄さんで、今回使った会社は加盟店を取りまとめる会社で別の駆除会社から来ているとの事でした。

紹介してくれる業者との利益配分もあって、お安くはするのでこれくらいの金額はお兄さんの側で取らせてほしいという事で最終的に決まったのが1万5千円。

実はこのお兄さん、この程度の巣なら自分で駆除できますよってオススメのスプレーまで教えてくれました。

つまり儲けを蹴ってまでオススメしてくれたわけです。

そういうお兄さんなので今回はお金を持って帰ってもらおうと1万5千円でお願いしました。

ただし領収書はお安く切り表面的には安く請い、差額はお兄さんの方へって感じです。

ここは業界の闇の部分かも。

 

ちなみにお兄さんがこれがいいよってオススメしてくれたのがこの泡で固めるタイプのスプレー。

created by Rinker
イカリ消毒株式会社
¥3,630 (2020/11/24 01:10:23時点 Amazon調べ-詳細)

無事に駆除完了

駆除作業は10分程度で完了。

コンビニにお金を下ろしに行っている間に終わってました。

まだ戻ってくるハチがいるので、とりもちで引っ付くようにしてくれています。

実際よく見ると1匹ハチが付いています。

このまま数日は置いておくそうですが、風化して下に落ちるまでそのままにしておきます。

 

せっかくなのでブログ記事にしたいからとお兄さんに色々聞いてみました。

WEBの4000円ってどんな状況って?

そしたら秘密の料金表見せてもらえました。

まず4000円ていうのが基本料金、そこに出張費用の5000円程度が加算されます。

そこからハチの種類によっての金額が加算され、ハチの巣の大きさに応じた価格が加算。

それプラス高所作業など特殊な状況に応じた追加料金がかかります。

それを全部足すと3万とかになるそうで、そういう金額を提示すると断られるので2万円位を示すようです。

キャンセル率で除名、請け負い業者の弱み

今回いろん話を聞いたので、それなら今回はキャンセルして、個人的にお兄さんの会社に1万円払った方が儲けあるんじゃない?って提案してみました。

実際その通りなんですが、ここで請負業者の弱みが出てきます。

キャンセル率が一定の数値を上回ると契約解除になってしまうそうです。

まぁそうですよね。

この方法使えば、業者さんはキャンセルしてもらって安くやりますよって言えますから。

業者さんとしても広告費を使える大手にはなかなか勝てないそうで、どうしても仕事としてやっていくにはしょうがないそうです。

今回直接の連絡先をいただいたので、次回からは1万円以下での駆除がお願いできるそうです。

安く駆除してもらうには?

お兄さんに色々質問して教えてもらったところからすると、まず一番高額になるのが会社が作業員を雇っていて派遣するタイプで、この場合値引きなどもあり得ないと言われていました。

ウチの場合だと予想するに3万円位は取られるでしょう。

 

次に安いと思われるのは加盟店派遣型の会社。

今回のように裏話が聞ければお安くなる可能性が高い反面、気の弱い方や高齢者は高額見積もりされる可能性はありそうです。

高額の場合は数社の見積もりを取り比較検討するようにしましょう。

WEBページに「加盟店募集」などが出ていると加盟店派遣型と思って間違いないと考えます。

 

この次が個人事業など比較的小さい規模で行っている業者でしょうか。

WEB検索では見つかりにくいものの、街中で見つけるような業者です。

価格面で張り合うと大手の業者に仕事を持って行かれるため、それよりも安価な薄利多売方式でやっていると考えられます。

Googleの口コミなどを参考にしてみてもよいかもしれません。

お庭がある方はイザと言う時に相談できるよう、お近くの店舗の目星を付けておくと良いかもです。

 

最後は自分で駆除する方法。

とはいうもののハチの種類でも危険を伴いますし、薄着で挑むのは更に危険。

比較的小さな巣であれば自分で駆除も可能くらいに考えておきましょう。

最後のまとめ

今回は初めて関わった業界ですが、色んな事情があるんだなと闇を見た気がしました。

パソコンの修理専門業者とかもそうなんですが、専門性を伴う場合素人にはわからないことも多いので、キチンと業者を選ばないと相場以上の金額を払うハメになります。

実は今回のサービスWEBでは各種ポイントカードの加算やクレジットカード決済ができるとされていました。

ですが実際にはどちらも不可。

派遣された業者さんとしては実際の金額が会社にバレるとまずいわけですよね。

ハチの巣となれば緊急性を伴うので急ぎでお願いしてしまいそうですが、毅然とした態度で対応し、相場や不審な点は無いかなどを調べた上でお願いするのが良さそうです。

created by Rinker
イカリ消毒株式会社
¥3,630 (2020/11/24 01:10:23時点 Amazon調べ-詳細)